三皇五帝の神話的伝説

 人獣こごちゃ混ぜの体をした神の三皇と、一応人間の五帝が徳により古代の中国を統治していた,という話しです。
 三皇は一般的に,天皇・地皇・人皇(秦皇)ですが,伏羲・神農・黄帝としたり,また燧人,祝融,(ニョカ)などのあって書物により異なっています。司馬遷は三皇をただの伝説だと考えて,『史記』では五帝本紀から書かれていて,現在ある三皇本紀は晋の時代,司馬貞が加筆したそうです。

 
 別説で.......
三皇は下半身が蛇の 姿をした伏羲(庖羲)、頭が牛の神農,それと(ニョカ)です。
五帝は黄帝軒轅・(センギョク:高陽氏)・(テイコク:高辛氏)・帝堯放勲(陶唐氏)・帝舜重華(有虞氏)ですが、堯と舜以外の構成では他の説もあります。
 三皇五帝の伝説はいろいろな言い伝えが入り交じり教育的もしくは政治的に意味が加味されています。 そのため起源をたどることは難しいですが,三皇五帝の伝説が物語としてまとめられたのは,五行説や天人合一(三才)説が一般化した戦国時代末期か秦の時代以降と考えられます。その最も古い話しが天皇・地皇・人皇の三皇説のようです。
 

太古の三皇

 太古の三皇は、天皇氏(てんこうし)、地皇氏(ちこうし)、人皇氏(じんこうし)です。
その後人に「家」を教えた有巣氏(ゆうそうし)、火を使って「料理」を教えた燧人氏(すいじんし)が、帝王となりました。
 

天皇(てんこう)

 天地が初めて成立した時、天皇氏、十二人の兄弟が順番に王位についた。
『みな無欲恬淡でなんら作為するところはなかったが、その徳のために民俗はおのずから化せられた』と いう。
徳は木。木星が寅(東北東)の方位にある年を基準に紀元を定めた。
在位は、十二人がおのおの一万八千年。 (12×18,000=216,000)年表は逆算で入れました。
 

地皇(ちこう)

 天皇氏に続いて、地皇氏の十一人兄弟が王位についた。
地皇氏の十一人は熊耳山、竜門山から興ったとされています。熊耳山、竜門山と呼ばれる山は現在でもいくつかあるそうですが、しかしこの山がそれぞれどれかは、定説が無いようです。
徳は火。在位は天皇と同じく、おのおの一万八千年。 (11×18,000=198,000)年表は逆算で入れました。
 

人皇(じんこう)

 地皇氏に続いたのが人皇氏で、九人が王位についた。
人皇氏、九人は雲車に乗り、太陽に住む六羽の鳥に車を牽かせて谷口(今の陜西省にある地名)から出てきたといわれています。兄弟九人が中国全土を九つの州に分け、それぞれの長となり、それぞれが都の城邑をたてました。 徳は土?
人皇氏の治世はおよそ百五十世、在位はあわせて四万五千六百年続きました。年表は逆算で入れました。
ちなみに、人皇は「泰皇」とも呼ばれています。  
『史記』三皇本紀では、人皇氏の後には五竜氏、燧人氏、大庭氏、栢皇氏、中央氏、巻須氏、栗陸氏、驪連氏、赫胥氏、尊廬氏、渾沌氏、昊英氏、有巣氏、朱襄氏、葛天氏、陰康氏、無懐氏と続いたそうです。

 

別説の三皇へ