榮衛の基本理念は滋養作用と生体現象です。
生体では肉体の形成を“血”といい、肉体から発する活動作用を“気”といいます。大括りな考え方として“血”は『生成と滋養』“気”は『輸送と作用』とします。
 この大括りな気血の捉え方のそれぞれに、さらに細分化された気血が階層的にあって生体反応の確認をどこに取るかという指標の一つに衛・気・榮・血という段階の考え方があります。この段階における働きを“衛気”“榮気”と言った名称で呼びます。
また、気・血・榮・衛と言う呼び方の場合は、もっと中医学的な(便宜上の)分類として分けて使います。
 ちょっと飛びますが、衛は脈外を行き榮は脈中を行くの解釈の確認をしておきます。“脈”をいわゆる血管もしくはその拍動という捉え方が世間一般に浸透していると思われますが、その考え方はかなり後世に来てからならしく、どちらかというと生体反応という捉え方で古典では書かれていて、その生体反応の一つに例えば橈骨動脈拍動部も含まれるとしています。その上で脈外脈中とは反応として出たモノ(衛)と、反応させたモノ(榮)という考えをしています。反応として出たとは、作用として外に向られた表現ですから、気分としての内容が強く、反応させたとは命令もしくは反応のための栄養の供給で内側の働きな訳ですから、血分としての内容が強いとしています。また、行くとは流れるという表現とは明らかに違いがあるわけですが、それは全身各所に作用と滋養という現象が起こり、それも天人合一の精神から常に様々な変化をしているとの双方の観点の裏付けで、行くとしたのだと思います。
栄衛の原典は霊枢の『榮衛生會第十八』
第一章
黄帝問於岐伯曰: 人焉受氣, 陰陽焉會, 何氣為榮, 何氣為衛, 榮安從生, 衛於焉會, 老壯不同氣, 陰陽異位, 願聞其會.
黄帝が岐伯に於いて問うに曰く、
人が受ける気とは焉(えん;どのようなものか)、陰陽が合うとは焉(えん;どの様な事か) 、榮を為す気は何か、衛を為す気は何か、榮が生まれ從(じゅう;きたる)とは安(=焉、あん;どの様な事か), 衛に於いて合うとは焉(えん;どの様な事か) 、老と壯(=若、そう;若者)で気が不同、陰陽の位もなる。願わくば其の会するを聞かせてほしい。

伯答曰: 人受氣於穀, 穀入於胃, 以傳與肺, 五藏六府, 皆以受氣, 其清者為榮, 濁者為衛, 在脈中, 衛在脈外, 周不休, 五十而復大會, 陰陽相貫, 如環無端. 衛氣行於陰二十五度, 行於陽二十五度, 分為晝夜. 故氣至陽而起, 至陰而止, 故曰: 日中而陽隴為重陽. 夜半而陰隴為重陰. 故太陰主内, 太陽主外, 各行二十五度, 分為晝夜, 夜半為陰隴, 夜半後而為陰衰, 平旦陰盡, 而陽受氣矣, 日中而陽隴, 日西而陽衰, 日入陽盡而陰受氣矣, 夜半而大會, 萬民皆臥, 命曰合陰. 平旦陰盡而陽受氣, 如是無已, 與天地同紀.
岐伯答えて曰く、人は穀に於いて気をうけ、穀は胃に於いて入り、以って伝わって肺に與(あずける)。
五藏六府は皆が以って気を受け、其の清なるは榮を為し、濁なるは衛を為す。
榮は脈中に在り、衛は脈外に在る。
榮は不に周り、五十を復して大会する。陰陽を相い貫ぬいて環の端の無きが如く。
衛の気は陰の二十五度に於いて行き, 陽の二十五度に於いて行き、晝(=昼、ちゅう)夜の分けるを為す。
故に氣は陽では起きるに至り, 陰では止まるに至る。故に曰く、日中での陽は隴(りゅう;陽の中の陽がうねうねと重なって)して重陽を為し. 夜半での陰は隴(りゅう;陰の中の陰がうねうねと重なって)して重陰を為す。
故に太陰は内を主り、太陽は外を主る。
各に二十五度行って晝(=昼、ちゅう)夜の分けるを為し、夜半は陰隴(いんりゅう=重陰)を為し、夜半の後には陰は衰を為し、平旦(へいたん;夜あけ)は陰が盡(しん;尽きる)として陽の気を受ける矣(となる)。日中では陽隴(ようろう)、日が西にて陽は衰し日が入りて陽は盡(しん;尽きる)として陰の気を受ける矣(となる)
夜半にて大会して万民は皆が臥(が;眠る)して、命(めい;本来の法則)に曰く合陰。
平旦(へいたん;夜あけ)は陰が盡(しん;尽きる)として陽の気を受ける、是れは已むる無きが如く、天地が同じに紀(き;物事のおこりを定め。一紀=十二年は干支)して与える。
第二章
帝曰: 老人之不夜瞑者, 何氣使然. 少壯之人, 不晝瞑者, 何氣使然.
黄帝が曰く、老人の不夜瞑(夜に眠くならない)のは何の気の使然(働きとその現象)か。
少壯(まだ若い)の人が不晝瞑(昼に眠くならない)のは何の気の使然(働きとその現象)か。
岐伯答曰: 壯者之氣血盛, 其肌肉滑, 氣道通, 榮衛之行, 不失其常, 故晝精而夜瞑, 老者之氣血衰, 其肌肉枯, 氣道澀, 五藏之氣相搏, 其榮氣衰少, 而衛氣伐, 故晝不精, 夜不瞑.

岐伯が答えて曰く、壯者(若者)の気血は盛ん、其の肌肉は滑にて気道は通り榮衛の行くは、其の常を失わず。故に晝(=昼)に精をして夜に瞑(眠る)。
老者の気血は衰えて其の肌肉は枯れ、気道は渋にて五藏の気は相打ちをする。其の榮気は衰えて少なく、そして衛気は伐(ばつ;うちやぶられる)。故に晝(=昼)には精をつかえず夜には不瞑(眠れず)
第三章第一節
黄帝曰: 願聞榮衛之所行, 皆何道從來.
黄帝が曰く、榮衛の行く所、皆何の道より從い来るかを願い聞く。
岐伯答曰: 榮出於中焦, 衛出於下焦.  
黄帝曰: 願聞三焦之所出.
岐伯答曰: 上焦出於胃上口, 並咽以上, 貫膈而布胸中, 走掖, 循太陰之分而行, 還至陽明, 上至舌, 下足陽明, 常與榮倶行於陽二十五度, 行於陰亦二十五度, 一周也, 故五十度而復大會於手太陰矣. 
 帝曰: 人有熱飲食下胃, 其氣未定, 汗則出, 或出於面, 或出於背, 或出於身半, 其不循衛氣之道而出,  何也.
岐伯曰: 此外傷於風, 内開
, 毛蒸理泄, 衛氣走之, 固不得循其道, 此氣慓悍滑疾, 見開而出, 故不得循其道, 故命曰漏泄.
岐伯が答えて曰く、榮は中焦に於いて出、衛は下焦に於いて出る。 
黄帝が曰く、三焦の出る所を願い聞く。
岐伯が答えて曰く、上焦は胃の上口に於いて出、並び咽に以って上り、膈を貫ぬき胸中に布(=拡がる、ふ)する。
(えき;脇の下)に走り、太陰の分(=範囲、ぶ)に行きて循(したが)い、陽明に至りて還り、上って舌に至り下がって足の陽明, 榮の倶(=伴う、とも)ないを与えられるを常とする。陽に於いて二十五度行き、陰に於いても亦(また)二十五度行き、一周なり。
故に五十度の而(しかるのち)に手の太陰に於いて復び大会となる。 
黄帝が曰く、人が熱の有る飲食を胃に下し、其の気が定まらずうちに則ち汗を出す。
(ある)ときは面に於いて出し、或(ある)ときは背に於いて出し、, 或(ある)ときは身の半ばに於いて出す。
其の衛気の道に循らずにして出るは何か。
岐伯が曰く、此れ風に於いて外が傷れ、は内開して、毛は蒸理して泄(も)らし、衛気は走り之(ゆ)き、固(こ;もとより)して其の道を循ること得られず。此の気は慓悍(ひょうかん;気性がはげしくすばやい)して滑疾(かっしつ;滑る様に迅速)、開くのちに出ることを見る。故に其の道を循ること得られず。故に命(めい;本来の法則)に曰く漏泄(ろうせつ;もれだす)
第二節
黄帝曰; 願聞中焦之所出,
黄帝が曰く、中焦の出る所を願い聞く。
岐伯答曰: 中焦亦並胃中, 出上焦之後, 此所受氣者, 泌糟粕, 蒸津液, 化其精微, 上注於肺脈, 乃化而為血, 以奉生身, 莫貴於此, 故獨得行於經隧, 命曰榮氣.
岐伯が答えて曰く、中焦は亦(また)胃中に並びて、上焦の後(のち)に出、此れ受気する所は、糟粕(食べて消化された物)を泌(ひ;絞り出して)して、津液(糟粕から絞り出された液)を蒸(体内に行き渡らせるために拡がらせる)し、其の精微(津液中の成分)を化(身体の必要内容に変換)して, 注ぐは肺脈に於いて上り、それは乃(すなわち)化ののちに血を為す。以って生じて身に奉(ほう;たてまつる)じ、此れ(=血)に於いては貴(とうと)びて莫(ばく;他に在らず)。故に獨(一つのみ)に於いて経を隧(ずい;その奥に潜って、=トンネル)して行くを得るが、曰く榮氣の命(めい;天受された性質)

黄帝曰: 夫血之與氣, 異名同類何謂也.
黄帝が曰く、夫(ではその)血が之(その)気と與(よ;組みする)して, 名は異なり類は同じとは何を謂うなりか。
岐伯答曰: 榮衛者, 精氣也, 血者, 神氣也, 故血之與氣, 異名同類焉. 故奪血者無汗, 奪汗者無血. 故人生有兩死, 而無兩生.

岐伯が答えて曰く、榮衛は精気なり。血は神気なり。故に血が之(その)気と與(よ;組みする)して, 名は異なり類は同じ焉(えん;文末につけて語調を整える助詞。訓読では読まない)。故に血を奪(だつ;うばう)するは汗が無く、汗を奪(だつ;うばう)するは血が無い。故に人に生じるは両(りょう;ふたつ)の死が有りて、無に而(じ;〜して)(りょう;ふたつ)が生ずる。

黄帝曰: 願聞下焦之所出.
岐伯答曰: 下焦者, 別迴腸, 注於膀胱, 而滲入焉. 故水穀者, 常并居於胃中, 成糟粕而 下於大腸, 而成下焦, 滲而 下, 濟泌別汁, 循下焦而滲入膀胱焉.
黄帝曰: 人飲酒, 酒亦入胃, 穀未熟而小便獨先下, 何也.
岐伯答曰: 酒者, 熟穀之液也, 其氣悍以清, 故後穀而入, 先穀而液出焉.
 帝曰: 善. 余聞上焦如霧, 中焦如 , 下焦如 , 此之謂也.


第三節
黄帝が曰く、下焦の出る所を願い聞く。
岐伯が答えて曰く、下焦者, 別迴腸, 注於膀胱, 而滲入焉. 故水穀者, 常并居於胃中, 成糟粕而 下於大腸, 而成下焦, 滲而 下, 濟泌別汁, 循下焦而滲入膀胱焉.
黄帝曰: 人飲酒, 酒亦入胃, 穀未熟而小便獨先下, 何也.
岐伯答曰: 酒者, 熟穀之液也, 其氣悍以清, 故後穀而入, 先穀而液出焉.
 帝曰: 善. 余聞上焦如霧, 中焦如 , 下焦如 , 此之謂也.


 さて、衛と榮ですが、生成と滋養の血とその輸送と作用の気とがありまして、適材適所に滋養を供給し供給される関係を気血がし合い、また部分であり全体を生成し作用し会っているというのが前提で、話に入ります。
 いわゆる<衛は気から榮は血から生じる>というのがありますが、それは広義的な生理作用と捉えた場合において成立します。気を陽、血を陰と分けさらに気と血のそれぞれが陰陽に、またその陰陽のそれぞれが陰陽にと細分化して行くわけですが、この陰陽を陰=血、陽=気と言葉を置き換えてもよろしいかと思います。
 ではその広義からの解釈ですが、例えば血を滋養、気を適材適所への輸送としたとき、気の適所という場所の限定を陰、そこまで行くと言うことを陽と出来ます。また血の滋養という作用を陽、適切な滋養内容(適材)の決定を陰と出来ます。気と血をまだ広義的な意味合いでそれぞれを陰陽に分けた場合、気の中の陽は衛、陰は気、血の中の陽は榮、陰は血となります。気の中の衛は衛気分として防衛のために全身を循環し、その適所で衛気としての作用を気の中の気が促すわけです。血の中の榮は防衛を賄うための滋養として衛と伴い、血の中の血がその防衛状態に応じた滋養内容を促すわけです。これは外環境との対応が前提の陽の考え方として、この考え方自体を大ぐくりな“気”とし、この連係に傷害を受けたときをいわゆる外因としています。
 もう一つの例として血を生成、気をその作用としたとき、血の生成の、肉体組織が成り立つという現象を気であり血の陽とし、成り立たせていると言うことそのものを血であり血の陰としています。気の作用とはその成り立った生体から発せられる生命反応であり、環境変化の状況に応じて適切に反応していると言うことを気であり気の陽とし、状況を分別して反応させていると言うことを血であり気の陰としています。
 この場合は、まず人体が水穀を取り入れ肉体の維持形成を成り立たせているのが血、成り立っているつまり生命活動を営んでいられる事を榮、その営みが環境変化と適切に対応できるように取りはからっているのが気、その取り計らいとしての状況に応じた反応が衛で、内環境の維持生成が前提の陰の考え方として、この考え方自体を大ぐくりな“血”とし、この連係に傷害を受けたときをいわゆる内因としています。
 この両方の例に共通し、その障害がより衛に近いほど外感とし、より血に近いほど内傷としています。
 
榮衛の榮は、營と言う字もあります。

榮も營もその初字は(エイ:ひあかり)という文字でした。字書にない字ですが、卜文・金文にある庭燎(テイリョウ:にわび。燎はかがりび。たえまなくたくかがりび。ずるずると続いて燃える火)の象形で、たいまつを交叉する形です。

(えい)という文字がその音として残ります。卜文・金文では氏族の名に用いていました。また、周礼に司氏があって邦の大事のとき、墳燭(麻燭)(燭はともしび。じっとたってもえる灯火)や庭燎を供することを掌(つかさど)ったそうです。

に従う字は、みなエイの声義を承(う)けています。

と、した上で
榮はで、たいまつの交叉した形であり、もと火光の華やぐ様をいいました。説文解字に「桐木なり」と梧桐のこととし、次条にも「桐は柴なり」と互訓していますが、栄華・栄誉の義に用いる字で、桐の専名ではなく、桐のうち、華咲きて実らぬ華桐とよばれる種類のものがあって、それを栄桐というそうです。また屋上のつまのそりのあるところを東栄・西栄のようにいって、新死のものの魂よばいの復の礼と言うのを行なうとき、そこから魂が升(昇)降するとしていました。

營は

説文解字に宮に従う字とするのは誤り。
また「営は居(さふきょ)なり」と解するそうですが、居とは軍営の形式をいうものならいいです。その周辺には庭燎が設けられるので、字はその形。呂は宮の初文の従うところで、相接する宮室の平面形。宮室を造営することを営といって、穴居には営窟といったそうです。[詩、大雅、霊台]に「これを經しこれを營す」とあり、経は測量、営は造営の意。のちすべて計画造作をなすことを営といいました。

この二字の比較から“營”は形に近く造るという意味合いが強く“榮”は質に近く働きと言う意味合いが強いようで、結論として“榮”は滋養する事の作用を言い“營”は滋養作用を作り出すものを示しているといえます。

衛は

説文解字には衞を正字とし、字は韋と(イ:めぐる)と行に従うて会意であるとするが、韋は城邑の形である口(い)の上下を巡回する形で、それを行の間においた形声字が衛であると、あります。
 卜文・金文の字形に方と言う字に従うものがあって、方は祭梟、首祭りして呪禁とし、防衛する意です。
 また、説文解字に「宿衞なり」とするも字の本義でなく、衛とは城邑を守ること。
金文に口(い)の四辺に止を加えたものがあり、その字が衛の初文。韋・違・衛・圍(囲)はみな韋の声義をとる一系の字です。
防衛という意味合いは、最初からあったようです。
では、とはどんな字かと言いますと、その象形は

    十字路の形。交叉する大道をいいます。
    説文解字に「人の歩趨なり」というのは、字を右歩・左歩を合せて歩行する動作を示すと解したものですが、卜文の字形は十字路の象形。金文に征行・先行・行道・行師のように之往(しおう:ゆく)の意に用います。
    十字路は道の交わるところで、そこにはちまたの神がいるとされ、術・衒・衢など、道路で行なわれる呪法の字は、多く行に従う形です。
    行とはただ動き回るとは別の、目的やその地点との働きを意味したようです。

比較として流はで、正字は(とつ)。これは古代には河川の氾濫が多く、その時の流死体を指し、その元の(とつ)はもしくはで、子の生まれ出る形を表しました。
 
三十難曰.榮氣之行.常與衞氣相隨不
不は疑問の意。
隨は周易の六十四卦(カ)の一つ。震下兌上(シンカダショウ)の形で、勢いのままにしたがう意をあらわす。
栄気は常に衛気と相従えて行くとはどういうことか。

然.經言.人受氣於穀.穀入於胃.乃傳與五藏六府.
經は黄帝内経。
はすなわち,そこでやっと。
経に言われるは,人は気を穀に受け,そのために穀は胃に入り、そこから,五臓六腑に伝わる。
五藏六府皆受於氣.其清者爲榮.濁者爲衞.
五臓六腑は皆気を受け,澄んだものは栄,濁ったものは衛となる。
榮行脉中.衞行脉外.
栄は脈中を行き,衛は脈外を行く。
榮周不息.五十而復大會.
息はソクス,やすむの意、休息,安息。
はフクスで,もとの状態にもどる。
栄は休まず周り,五十にてもとに集まる。
陰陽相貫.如環之無端.故知榮衞相隨也.
陰陽を相貫いて,端の無い輪の如し。故に,栄気と衛気が相従えて行くを知る也。
 
 
 
三十二難曰.五藏倶等.而心肺獨在膈上者.何也.
五臓倶に等しく有,そうするのに心肺は独り膈上にあるのは何故か。
然.心者血.肺者氣.血爲榮.氣爲衞.相隨上下.謂之榮衞.通行經絡.營周於外.故令心肺在膈上也.
者は上の文句を「それは」と、特に提示することば。…は。…とは。▽「説文解字」では「者、別事詞也=者トハ、事ヲ別ツ詞ナリ」という。「仁者人也=仁トハ人ナリ」〔中庸〕
爲はイ,なす,つくる「為此詩者其知道乎=コノ詩ヲ為ル者ハソレ道ヲ知レルカ」〔孟子〕,おさめる。
心とは血で肺とは氣。血は栄を為し氣は衞を為す。相連なりて上下するを栄衛と言う。経絡を通行し外を周り巡る。故に心肺は膈上に在る也。